バイオプリンティングは素材が命!おすすめのバイオマテリアルと研究例

Date & time: 2021-03-30 16:00:00

JST

Host: Ryo Asada, Application Specialist, CELLINK

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin

発表者 淺田 遼(アプリケーションスペシャリスト CELLINK株式会社)
生体適合性のある材料で構成されるバイオインクは、創薬のためのモデル、臓器の疾患モデル、未来の臓器移植に向けたバイオプリンティングの研究等における重要な要素です。
本セミナーではバイオインクに求められる「生体の環境を模倣する役割」と「3次元の造形を可能にする物性」などについて、最新の事例を含めながら解説します。

 

BIO X6 - Demo

BIO X6 - Demo