BIO X™

細胞生物学、組織工学、生物医学研究者のための頼りになる3Dバイオプリンター。

比類のないバイオプリンティング体験

世界で最も使いやすく、柔軟なバイオプリンターを体験してください。

Unparalleled bioprinting experience

Explore the most user-friendly and flexible bioprinter in the world.

無限の可能性

BIO Xは最先端の研究を行うためのインテリジェントプリントヘッド(iPH)を搭載した世界初の3Dバイオプリンターです。

Limitless possibilities

BIO X is the first 3D bioprinter in the world with Intelligent Printheads (iPH), ensuring your research is always at the forefront.

インテリジェントプリントヘッド製品は増え続けており、可能性は無限大、研究を前進するためのより多くの自由を与えてくれます。

もっと多くを行うために設計

BIO Xの優れた機能は、汎用性を最大化し、次の応用分野を超えて、お客様の成功をサポートします。

先進機能と汎用性

BIO Xは事実上あらゆる材料に対応しているため、現在の最大の科学的ブレークスルーの最前線にいる業界リーダーから選ばれるバイオプリンターです。3D細胞培養の自動化、複雑な組織構築の開発、新薬化合物の試験など、BIO Xは広範な応用分野でワークフローを合理化するための先進機能と汎用性を備えています。

限界を広げる

正確なプリントヘッドとプリントベッドの温度制御により、広範な材料と細胞タイプをバイオプリントできます。

Push the Limits

Bioprint with a wider range of materials and cell types thanks to precise printhead and printbed temperature control.

プリントヘッドの温度範囲は4℃~250℃、プリントベッドの温度範囲は4℃~65℃で、コラーゲンやゼラチンなどの温度に敏感な材料を扱う際に、正確に温度を制御できます。広範な材料や細胞タイプで作業できるため、可能性は無限大です。

精度の向上

BIO Xには分解能1 µmのモーターが標準装備されており、最高の動きを制御できます。

ユニバーサル互換性

BIO Xのオープン材料プラットフォームは、最も広範な材料でバイオプリンティングできるように設計されています。

Universal Compatibility

The BIO X’s open material platform is designed to give you the ability to bioprint with the widest range of materials.

当社は幅広いバイオインクポートフォリオを提供していますが、材料開発の重要性も理解しています。そのため、利用可能な最も広範な材料に対応したオープンシステムとしてBIO Xを設計しました。高品質のバイオインク開発製品を使用して独自のバイオインク開発を始めるか、すぐにプリンティングできるバイオインクを探してください。

細胞の安全性を高める特許取得済みのクリーンチャンバー

内蔵されたUV滅菌とHEPAフィルターがベンチトップにバイオセーフティキャビネットの無菌性を提供します。

Clean Chamber for Better Cell Viability

Built-in UV sterilization and HEPA filters bring the sterility of the biosafety cabinet to the benchtop.

二重のハイパワーファンがHEPA H14フィルターを介して空気を送り、UV-C殺菌灯、丸まった端、陽圧などのClean Chamber™テクノロジーが望ましくない粒子や微生物を99.995%除去します。実験前にクリーンチャンバーを開始し、プリンティング中にプリンティング領域周辺の完全な無菌を確保します。

ユーザー中心の設計

手袋を着用している場合でも、効率性を高めるために、タッチスクリーンから直接プリンターを自動調整できます。

User-centered Design

Auto calibrate the printer directly from the touchscreen for added efficiency.

最大の利便性

オンボードまたはデスクトップソフトウェアオプション、内蔵コンプレッサー、自動キャリブレーションにより、BIO Xはすぐに使用できます。

Maximum Convenience

Onboard or desktop software options, built-in compressor and auto calibration.

アプリケーションノート

科学者が科学者のために書いたこれらの論文は、BIO Xバイオプリンターを使用して研究を最適化するための新しい方法を紹介しています。

アルギン酸ビーズのプリンティング:テクニカルノート

ダウンロード
Download Application Note

In Vitro 3D肺がんモデルは、2D培養よりもより生理学的環境に近い接着タンパク質の発現を示す

HUVECのiPSC多能性とキャピラリーネットワーク形成を調べるための高度なIn Vitro 3Dモデル

初代細胞を用いた3Dバイオプリンティング皮膚組織モデル

バイオプリントされたミニ肝臓での肝毒性評価

2次元培養と3次元バイオプリント腫瘍における薬物応答の比較

免疫腫瘍学応用のための3Dバイオプリント腫瘍モデル

技術データ
外径寸法(L*W*H)、mm 477x441x365 
重量、kg 18
造形体積、mm
130 x 90 x 70 mm
造形表面適合性  マルチウェルプレート、ペトリ皿、スライドガラス
解像度XY、μm   1 
レイヤー解像度、μm 
1 
圧力範囲(内部ポンプ)、kPa 0-200 
圧力範囲(外気供給)、kPa  0-700 
プリントヘッドのスロット数  3 
光硬化光源(内蔵)、nm 365、405 
プリントベッド温度範囲、℃  4-65
プリントヘッド温度範囲、℃  4-250(プリントヘッド固有)
フィルタークラス、チャンバーエアフロー HEPA 14 
UV滅菌 UV-C (275nm)、出力20mW
キャリブレーションオプション 手動および自動
ユーザーインターフェイス 一体型ディスプレイ、DNA Studio
DNA Studio対応OS  Windows、Mac OS
接続性 USBストレージ、Ethernet接続
サポートファイル形式、ソフトウェア
 
.gcode、.stl

医学の未来を創造する準備はできていますか?

Ready to get started?

Let's create the future of medicine together.