Powered by Volumetric

LUMEN X+™

構想を重ね、改良しました。

Volumetric提供

LUMEN X+™

構想を重ね、改良しました。

最適化されたデジタル光処理(DLP)バイオプリンティング

高速、忠実、正確に微細な造形が可能

高解像度、ハイスループット、高い忠実性

マイクロフルイディクス、細胞を含んだハイドロゲル、マクロ多孔質構造などの応用を強化します。

プリンティングの原理

Lumen X+は3Dモデルを白黒画像ファイル形式で、水平レイヤーのスタックに分割します。工業グレードの可視光プロジェクターを使用して、各画像はポリジメチルシロキサン(PDMS)バット上の液体 PhotoInk™ の液滴に投影されます。照射領域が反応し、固化すると、構築プラットフォームが硬化レイヤーを上に移動し、次の画像ではより多くの液体PhotoInkを硬化できます。

関連文献

かつてない細部

Lumen X+は50 µmの粒子解像度と、多くの素材との適合性により、高解像度と一貫したプリンティングを可能にしています。

効率的に、スマートに動作

Lumen X+は高速の光造形バイオプリンティングが可能で、たった10秒でレイヤーの架橋が可能です。

効率的に、スマートに動作

Lumen X+は高速の光造形バイオプリンティングが可能で、たった10秒でレイヤーの架橋が可能です。

多くの応用分野で研究を支援

より効率的なマイクロフルイディクスとorgan-on-a-chip(マイクロ流体チップ内における臓器細胞培養)のワークフロー。

多くの応用分野で研究を支援

より効率的なマイクロフルイディクスとorgan-on-a-chip(マイクロ流体チップ内における臓器細胞培養)のワークフロー。

Lumen X+のダイレクトプリントマイクロフルイディクスハイドロゲルは、150 µmの小さなチャネルで、細胞の埋め込み、液体吸収、バルク溶質交換を必要とする応用でPDMSを補完または置き換えることができます。PDMSを使用した手間および時間のかかるプロトタイピングで苦労したり、装置内の水分保持、細胞接着、または液体交換に苦労する必要はありません。速度、解像度、生体適合性のあるPhotoInkを使用したLumen X+は、マイクロフルイディクスチャネルとorgan-on-a-chip装置の迅速な作成のための究極の組み合わせを提供します。

複雑さを減らす

3Dプリンティングされたスキャフォールドは、患者に合わせた治療法を作成できるようになる可能性を秘めています。Lumen X+は小柱骨多面体格子様のスキャフォールドを構築し、あらゆる次元で多孔性と機械的特性を完全にカスタマイズできます。

ワークフロー

Workflow Design

設計

.stlファイルにエクスポートできる好みのCADソフトウェアでモデルを設計します。CELLINKもBioverseコミュニティで、さまざまな.stlファイルを提供しています。

Workflow Transfer

転送

.stlファイルをUSBメモリスティックにエクスポートし、Lumen X+の前面にあるUSBスロットに挿入します。

Workflow Prepare

準備

プリンティングする.stlファイルを選択し、ソフトウェアのタブを段階的に進みます。プリンタは自動的にレイヤーを構築します。最後のステップでは、設計に必要なPhotoinkの量を指定します。

Workflow Print

プリンティング

Start Printを押して、プリンティングを実行します。最初のレイヤーがプリンティングされた後で、Lumen X+は残りのプリンティング時間を推定します。

Workflow Post Printing

プリンティング後

プリンティングプラットフォームから構造を取り出し、ウォーターバスで洗浄します。構造物は必要に応じて、PSB、水、培地中で保管します。

用途に合わせてカスタマイズされたPHOTOINK

Volumetric PhotoInkハイドロゲルは、多孔質スキャフォールドからデジタル光処理(DLP)のLumen X+を使用したマイクロ流体デバイスまで、あらゆる3Dバイオプリンティングの際の速度、精度、解像度が最適化されています。

用途に合わせてカスタマイズされたPHOTOINK

Volumetric PhotoInkハイドロゲルは、多孔質スキャフォールドからデジタル光処理(DLP)のLumen X+を使用したマイクロ流体デバイスまで、あらゆる3Dバイオプリンティングの際の速度、精度、解像度が最適化されています。

サイズ 24 x 43 x 41 cm (9.5 x 17 x 16.5 インチ)
重量 9 kg (20ポンド)
投影イメージ 1280 x 800ピクセル
ピクセル解像度 (XY) 50 μm
Z精度 (モーター駆動) 5 μm
最大造形サイズ 65 x 40 x 50 mm
照射光波長 405 nm
光強度範囲 10 – 30 mW/cm2
平均からの偏差 1%未満
電源入力 100–265 VAC, 50–60 Hz, 100 W
互換性のあるファイルの種類 .stl(ステレオリソグラフィーファイル)

医学の未来を創造する準備はできていますか?

準備はできていますか?