XPLOREでプリントする

我々の教育トレーニング式のバイオインクCELLINK XPLOREでプリントしよう。続いてはXPLOREが如何に複雑な構造をプリントする演示と可視化を紹介する。

利用するCELLINK製品

  • CELLINK XPLORE
  • CELLINK START
  • BIO X

可視化の複雑性

CELLINK XPLOREは良好なプリント可能性を持つ、教育目的に使える、複雑な構造が可視化できる。これは器官及び内部の複雑な構造のモデルづくりができる。

このビデオでは、CELLINK XPLOREがCELLINK STARTのサポートで如何に垂れる構造と管状構造をうまくプリントしたかを展示した。主導脈モデルは我々の10mL空気圧のプリントヘッドでプリントされた。そのノズルは22。このプリントGコードはBioverseで見つけられる。

素晴らしいプリント可能性を持つ

CELLINK XPLOREは異なる直径の連続長糸のプリントに役立つ。具体的に利用するノズル(図1)による。プリント圧力を低減するとプリント速度をアップすることで、簡単に細糸の直径と押出ノズル内径との差を最小化することができる。

完璧にずり減粘するバイオインク

CELLINK XPLOREは広い減粘速度範囲内でずり減粘(図2)が行える。バイオインクの粘度は生理温度でやや下降するも、そのずり減粘は依然と保てる。これより、どの温度でも順調にプリントできる。

プリント学習

CELLINK XPLOREは教育目的に相応しいだけでなく、最新3Dモデルのプリント可能性の評価にも適切である。良好なプリント可能性を持つので、大きい構造とモデルをプリントできる。また、我々の架橋結合剤での架橋結合も行える。CELLINK XPLOREは三種類の色を持つ。各レベルのユーザーはいくつかのプリントヘッドがモデルの複雑な構造をプリントするのを直観的に見える。

ビデオでは、CELLINK XPLOREで血管ツリー付きの腎臓スライスモデルをプリントした。この腎臓モデルをプリントするGコードはBioverseで見つけられる。