プリントにサポートする

CELLINKでは、サポート材料で複雑な構造をプリントする。次節では、如何にCELLINK® PLURONICS等のサポート材料で低粘度のバイオインクをプリントする、及び如何にCELLINK STARTで垂れる部分をサポートすることを演示する。

利用するCELLINK製品

  • CELLINK A
  • CELLINK PLURONICS
  • CELLINK START
  • CELLINK Bioink
  • BIO X

完璧なディテールをプリントする

バイオインクで高精度の構造を実現しようとする時に、CELLINK PLURONICSは犠牲インクには相応しい。室温でCELLINK PLURONICSのバイオプリントを行い、プリントされたコンストラクタを氷や冷やされたプリントベッドに置いて冷たい液体で洗えば問題なし。

ビデオでは、CELLINK PLURONICSをボーダーに使い、CELLINK Aを細胞懸濁液と混合して充填物に使った。架橋結合剤でCELLINK Aを架橋結合した。また、冷たい緩衝塩類溶液で周辺を洗い落とし、細胞培養用の精巧なコンストラクタを残した。このようなダイヤモンド構造をプリントGコードはBioverseで見つけられる。

素晴らしいプリント適合性

CELLINK PLURONICSは4℃の時に液体になるが、温度の上昇につれてどろりとする、室温下で良好なプリント可能性を持つ。室温で構造をプリントすると、CELLINK PLURONICSはサポーターとしても使えるし、サポーターとして低粘度のバイオインクを流し入れてから、インクをとろりと冷却して除去しやすくすることもできる。

CELLINK PLURONICSは補助インクとして、一般条件では卓越なプリント可能性を表現する。適切なプリント速度と圧力を選択すれば、プリントされる糸の直径は押出ノズルの内径に(図1)に極めて近い。CELLINK PLURONICSは4°Cで溶融した後、このようなプリント精度は明晰なネットワーク状構造が形成できる。該当ネットワーク状構造はマイクロ流路チャンネル又は血管化の組織構造で転化できる。そのため、我々はCELLINK PLURONICSを利用した。我々のVasKitをご参照ください。

サポートする垂れる部分

CELLINK STARTは3Dバイオプリントを始める時に相応しいインクである。良好なプリント可能性を持つので、複雑な構造をプリントする時も使いやすい。このインクの無菌と非無菌代替品が提供できる。細胞を使用する前に、非無菌インクでコンストラクタの幾何形状を可視化すること。また、ほかにサポートが必要な時に、無菌バージョンを細胞を乗せるコンストラクタに使う。

このビデオでは、-15℃でBIO Xを使ってプリントした!二つ目のプリントヘッドのCELLINK STARTを使って垂れる部分に支えられるCELLINK Bioinkで耳を一つプリントした。人間耳モデルのSTLファイルは50%の大きさに調整され、Bioverseで見つけられる。BIO Xメニューのレイヤーラベルでプリントヘッドを選択するサポートを選択したことを確保する。

マルチ機能性、全てのニードが満足できる

CELLINK STARTは一種の水溶性ポリエチレングリコールバイオインクであり、不安定なコンストラクタ、幾何形状が複雑な、形状のファイデリティーが悪いコンストラクタに一時的なサポートを提供する。CELLINK STARはシームレスのカット希釈特性を持つので、広い温度範囲とカット応力でプリントしやすい(図2)。しかも培養基やPBSで洗い落としやすい。これらの特性により、CELLINK STARTはあなたのバイオプリント実験に必要なバイオインクに最も適切である。