プリントグリッド

CELLINKでは、BIO Xでより高級なモデルをプリントすることを勧める。次節では、如何に異なるバイオインクを使って多重グリッドをプリント、充填するかを演示する。要するに、異なるバイオインクを充填物に、周辺とともに多重グリッドをプリントすることを演示する。

利用するCELLINK製品

  • CELLINK LAMININK 521
  • GelXA LAMININK 411
  • BIO X

複雑な構造をつくる

このビデオでは、二種類のバイオインクで多層グリッドコンストラクタのボーダーをプリント、しかも充填するのを演示した。10%の細胞懸濁液でGelXA LAMININK 411とCELLINK LAMININK 521を希釈し、それぞれを第一と第二空気圧のプリントヘッドに置く。GelXA LAMININK 411バイオインクは25Gノズルを通じて5mm/秒、30-35kPaでプリント多層ネットワークコンストラクタのボーダーをプリントする、予期延期時間が650㎳で多層ネットワークコンストラクタのボーダーをプリントする。CELLINK LAMININK 521バイオインクは25Gノズルを通じて10mm/秒、15-20kPaで多層ネットワークコンストラクタを充填する、予期延長時間が300㎳である。よりよく観察できるように、グリッドを12穴プレートにプリントする。我々の架橋結合剤を添加することで、GelXA LAMININK411とCELLINK LAMININK 521でプリントされたコンストラクタは架橋結合ができる。一回培養基で洗った後、細胞を乗せたコンストラクタは標準の培養環境で培養できる。

このビデオでグリッドをプリントするのに使われるSTLファイルはBioverseで見つけられる。10x10x0.75mmの特殊なグリッドをつくるには、10%の充填密度を選択し、直線グリッド図案を選択することを勧める。

同様なプリント可能性を持つ-増強の機能

CELLINK LAMININKバイオインクは共通するCELLINK Bioinkの長所を持つほか、細胞種類によってラミニンをカスタマイズする機能もある。ラミニン成分をCELLINK Bioinkの基礎材料に入れてもCELLINK LAMININKのプリント性に影響しない。広いスライス速度範囲内の欠点のないずり減粘行為(図1)、温度に無関係の性能により、CELLINK LAMININKは室温と生理温度で均等に混合、プリントすることができる。

性能改善用のキサンタンガム

我々のGelXシリーズにキサンタンガムを添加することで、ゼラチンに基づくバイオインクの一致性とプリント性能を改善する。GelXA LAMININK 411を含むGelXAバイオインクは、広い温度範囲内で滑らかなプリント可能性と良好なずり減粘行為を表現するので、環境条件に無関係である。GelXA LAMININK 411の粘度は20℃から26℃までの温度範囲内に安定するが、30℃以上の時に低下する(図2)。

細胞の空間組織

大型の組織モデルは細胞外バイオインク環境に包まれる空間組織細胞群で組織の複雑性を表現することができる。どの種類の細胞も細胞外マトリックス蛋白、例えばラミニン、コラーゲンやエラスチンなどからなる生態位環境を持つので、生態位特異性バイオインク例えばCELLINK LAMININKは特定の細胞種類に適用する。モデルの事例は血管の生成研究である。周围の長さは内皮細胞を封入するGelXA LAMININK 411、充填物はCELLINK LAMININK 521中の類腎臓器官である。時間の推移につれ、組織コンストラクタの内皮ミクロ脈管の芽と類腎臓器官の発達が見える。