プリントダブル点滴

CELLINKでは、我々はBIO Xプリインタ―でより高級なモデルをプリントすることを勧める。次の部分では、我々は二種類のバイオインクを使ってダブル点滴プリントを演示する。

利用するCELLINK製品

  • CELLINK® Bioink
  • GelMA A
  • BIO X

バイオプリントビデオ

このビデオでは、我々はCELLINK Bioinkの空気圧のプリントヘッドとGelMA Aのノズル絶縁体付きの温度制御プリントヘッドを使って並行で点滴をプリントすることを演示した。CELLINK BioinkとGelMA Aは皆10%の細胞懸濁液で希釈され、キャリアは25Gノズルを使う。異なるバイオインク点滴を並行で12穴プレートの蓋にプリントする。CELLINK Bioinのプリント圧力は15-20kPa、GelMA Aはより高い圧力、40kPa。CELLINK BioinkとGelMA Aの属性が異なるが、二種類のバイオインクは同じアプリケーションで共にプリントされる。CELLINK BioinkとGelMA Aの点滴は皆架橋結合剤が加入して架橋結合されている。また、GelMA A点滴は光架橋結合の能力も持つ。

これらのダブル点滴をプリントするGコードはBioverseで見つけられる。Gコードでは、点滴間の距離はGコードの4 mmから任意距離に変更できる。

CELLINK BioinkとGelMA Aは独自のプリントヘッド制限を持ち、同時にバイオプリントができる。

GelMAに基づくバイオインクとCELLINK Bioinkの属性はいろな面で異なる。例えば、GelMAに基づくバイオインクは高いカット速度(0.1 s-1より高い)でしかずり減粘行為を表現しない、なお全体粘度がナノファイバーに基づくバイオインク(図1)より低い。後者は異なるプリント設定が必要である。この制限を克服するために、我々のBIO Xシステムは三種類ものプリントヘッドを提供する。これらのプリントヘッドには単独な温度制御と圧力制御が配備されている、三種類のバイオインクを同時でプリントできる。

正确な温度を設定する

GelMAに基づくバイオインクは独特なゲル化点を持つので、環境温度に非常に頼る。ゲル化温度点は貯蔵弾性率と消耗率曲線との距離と定義される。GelMA Aに対し、ゲル温度点は約25℃(図2A)である。ゲル化温度を超えた場合、バイオインクの粘度は著しく低減し、液体に類似する行為(図2B)を表現する。ゲル化温度を下回った場合、固体状行為はより明確になる、ノズル詰まりの原因になる。そのため、GelMAに基づくバイオインクをつかってプリントをする時の推薦温度はゲル点よりやや高く、約26℃である。

多細胞組織モデル

異なるバイオインクを持つ多細胞モデルは細胞间の通信、細胞の遷移メカニズム及び細胞-基質間の相互作用を了解するのに使える。細胞間通信では、一つの点滴には未熟の幹細胞があり、もう一つの点滴には成熟している初代細胞を含むことが可能である。パラメータの分枝分泌信号が駆動するメカニズムを確定する。細胞遷移、移転を研究するために、癌細胞をバイオインクに混合して一滴を形成することができる。健康細胞は二滴目で形成できる。これで、癌移転の行為を観察する。また、同じ癌細胞を剛度別又は胞外蛋白別のバイオ材料にいれて、癌移転が研究できる。これらの細胞活動に影響する補充要素を取り入れることで、これらのモデルは複雑になる。