液滴プリント

BIO Xの内蔵液滴機は高フラックスと高重複可能性を持つ3D組織モデルを建設することができる。次で如何に開始するかを展示する。

利用するCELLINK製品

快速で簡単なプリント

このビデオでは、22Gのノズル一つで液滴プリントを行った。1:10の比例でCELLINK Bioinkを細胞懸濁液と混合した。10-15kPaの圧力で、96プレートで一滴を押し出すのにわずか0.75秒しかなかった。

我々の架橋結合剤を添加してプリントされるコンストラクタの安定性と寿命を確保する。培養基で洗った後、細胞を乗せた液滴は標準の培養環境で培養できる。

低圧+高速=素晴らしいプリント能力

液滴機能は我々が提供する各バイオインクを簡単にプリントできるが、バイオプリント条件とバイオインク特性は細糸の押出に影響する。

CELLINK Bioinkは各直径のノズルで連続の細糸を清算することができる。低圧と高プリント速度を組み合わせ、最大限でノズル内径と押出長糸の幅との差(図1)を減少する。CELLINK Bioinkはナノファイバーを含むので、最小直径が25Gのノズルで詰まりを防止することを勧める。ユーザーはノズルのサイズ、圧力又は押出時間を変更することで液滴体積を調整することができる。

完美なずり減粘バイオインク

CELLINK Bioinkには均等に分布されるナノファイバーが含まれ、しかも安定なファイバーネットワークが形成されている。CELLINK Bioinkの粘度は減粘速度と間接的に関わっているので、非常よいバイオプリント材料(図2)と言える。

細糸は滑らかに押し出さ、プリントされた後形状が保てる。温度はCELLINK Bioinkの性能に影響しないので、室温で簡単にプリントできる。

3D組織モデルを生成する

液滴機能を利用して一種又は数種類の細胞類型を持つ液滴を作る、なお高重複可能性且つ高フラックスの3D組織モデルを生成することができる。

バイオプリント組織モデルはあらゆる種類の細胞の自然表現型が模擬できる。高フラックスの薬物選別を通じて薬物を発見する、懸濁液中の第一代細胞の生存率を高める、なお細胞の通信と成熟に対する理解を強化する潜在力を持つ。