液滴封入

CELLINKでは、BIO Xでより高級なモデルをプリントすることを勧める。次節では、如何に二つの液滴の頂部で二つの液滴をプリントし、液滴の封入を説明する。

利用するCELLINK製品

  • CELLINK RGD
  • CELLINK A
  • BIO X

液滴上の液滴

このビデオでは、CELLINK RGDとCELLINK Aでプリントされる封入液滴を演示した。プリントの前に、CELLINK RGDの細胞懸濁液を1:10で希釈する。液滴チップを作るために、CELLINK RGDは一つ目のプリントヘッドに置かれる、25Gのノズルプリントで液滴する。液滴チップを封入するために、20Gのノズル付きのCELLINK Aインクボックスを二つ目のプリントヘッドに置く、しかもCELLINK RGD液滴の頂部に再度ひとつの液滴をプリントする。バイオプリントの後、CELLINK RGD核のイオン架橋結合はこのアプリケーションでは選択できる、一層CELLINK Aの薄層に包まれている。一旦CELLINK A架橋結合ができれば、CELLINK RGD溶融を防止するシェルになる。

Bioverse上の液滴プリントで該当液滴のGコードをご参照ください。

粘度の低いCELLINK A

CELLINK RGDは粘性のある一種のバイオインクであるので、安定な内核を構成する。他方、CELLINK Aバイオインクは低い粘度を持つので、液滴内核を封入する良好なバイオインク(図1)になった。CELLINK AはプリントされたCELLINK RGD液滴の周囲にシェルを形成し、CELLINK RGD内の細胞に保護層をつくる。

架橋結合CELLINK RGD vs未架橋結合CELLINK RGD

架橋結合と非架橋結合のCELLINK RGDバイオインクの間に著しい剛度の差があること(図2)を観察した。柔らかいゲル環境は一部の細胞に有益である、特にバイオインク内での遷移能力。コンストラクタは外部から内部と架橋結合が発生するので、CELLINK Aのシェルは封入層を形成する。内核の架橋結合度は架橋結合の時間で調整する。コンストラクタが架橋結合溶液に浸される時間が短ければ短いほど、形成する芯が柔らかくなる。

アプリケーション

ものが3D障壁を通す中の拡散と中等フラックスを研究するために、異なるバイオインクで一つの細胞類型に対して液滴封入バイオプリントを行う。液滴の内核は細胞に封入するCELLINK RGDが使える。RGDペプチドはバイオインクに整合され、細胞と内部バイオインクとの結合を促進する。このようなバイオインクは架橋結合されたのではなく、柔らかいヒドロゲルがバイオインクを通じて細胞遷移を促進したのである。液滴のシェルはELLINK Aで作れる、CELLINK Aは架橋結合で内部架橋結合されていないCELLINK RGD核が溶融されないように確保できる。このように、CELLINK Aは無限のシェルとして、中で物質の拡散を促進するができる。