腸細胞のプリントに使うEPI X

人間の腸は水と栄養の吸収だけでなく、薬物の吸収でも大切な役割を果たしている。主な機能のほか、病原体を抵抗する保護障壁でもある。腸道細胞の3Dプリントは伝統の2D培養の局限性を克服し、さらに先進で特異な組織構造を実現した。あなたの研究ニードを満足するために、3Dプリントコンストラクタはフィルターインサート物で培養して栄養輸送と生物活気分子、薬物作用と腸道障壁機能を研究するのに安定なプラットフォームが作れる。

目的

このプロジェクトの目的はCELLINK® BIO Xをつかって3DバイオプリントされたCaco 2細胞がCELLINK® EPI Xインクでの生存能力を考察すること。

 

利用するCELLINK製品

  • CELLINK EPI X.
  • BIO X.

Caco 2, Bright-field, 10x magnification

細胞情報

Caco2は人間上皮性直腸腺癌から来た一種の細胞系であり、腸上皮障壁のモデルに幅広く使われている。

該当細胞株は昔単核細胞がリステリア菌を増殖する中、ストレスの書き換え反応をコントロールするσ Bレギュロン成分は細胞侵入に役立つかどうかという研究に使われた。また、マスリン酸の研究にも使われた。これは結腸癌細胞系にとって前景のある一種の化学予防剤である。

細胞は単一培養又は共同培養でプリントできる。また異なる層や仕切り室でもプリントできる。我々のBIO Xバイオプリンタを使えば、一回で三種類もプリントできる!

プリントデーター

Caco2細胞をCELLINK EPI Xバイオインクと1:10の比例で混合し、BIO Xで円盤をプリントする。

 

  • 細胞種類:Caco2
  • バイオインク:CELLINK EPI X
  • 濃度:1000万個細胞/mLバイオインク
  • 3Dバイオプリンタ:BIO X
  • 3Dモデル:円盤3 x 0.6mm
  • ノズル直径/規格:0.410mm(22 G)
  • 速度:10mm/s
  • 圧力:3-5kPa

生存能力

3Dバイオプリントコンストラクタ中の細胞数量と生存能力は1日目と8日目の間で安定している。分析された全てのサンプルは80%以上の活気をを見せた。安定な細胞数量と高生存能力はCELLINK EPI Xバイオインクの有益效果を表現した。細胞の成長と増殖に相応しい環境と証明された。