CELLINKとLonzaは共同で、完全な3D細胞培養ワークフローを提供

便利、使いやすい、包括的なソリューション。バイオプリンティング技術の世界的大手企業であるCELLINKによる研究用に最適化されたワークフロー。

それぞれに組織特異的細胞、プレミアム培地、カスタマイズされたインクのブレンドが含まれており、バッチ間のばらつきが少なく、優れた生体適合性、細胞生存率、プリント適合性を提供します。より早いサイクル時間、一貫して再現可能なデータ、CELLINKの高度なトレーニングを受けた専門家による評判のサポートをご利用ください。

組織特異的キットの紹介

その他も近日発売予定...

自分で構築

CELLINKのテクノロジーを使用する、世界中の1000名以上の研究者の仲間に加わりませんか?

  • Harvard University
  • FDA
  • Roche
  • Genentech
  • Karolinska Institute
  • Stanford University
  • Novo nordisk
  • Bayer
  • MIT
  • US Army
  • Johnson & Johnson
  • GSK GlaxoSmithKine
  • Astra Zeneca
  • Novartis

3Dの利点を研究で活用する準備はできましたか?

当社の専門家と協力して、用途に最適なワークフローを選択してください。

在宅勤務中ですか?バーチャル相談やバーチャルデモでもサポートできます。

大手バイオプリント企業

細胞培養システムを革新