障壁を破る:BIO Xバイオプリンターと温度制御プリントヘッドを使用した血管形成された皮膚のプリンティング

施設

レンセラー工科大学

チーム

Pankaj Karande

Tânia Baltazar、Jonathan Merola、Carolina Catarinoなど

課題

現在の人工皮膚移植製品は、創傷治癒を促進しますが、患者の皮膚組織と統合されないため、最終的には脱落します。人工移植片には機能する血管系がないことが、大きな障壁となっています。

ソリューション

Karandeとチームはヒト内皮細胞、ヒト周皮細胞、動物性コラーゲンで構成されたバイオインクを開発しました。彼らはCELLINK BIO X温度制御されたプリントヘッドを使用して、これらの構造をプリンティングできるようにしました。

結果

この重要な要素の組み合わせにより、細胞は伝達を開始し、さらに重要なことは、数週間以内に生体血管と類似の構造を有する血管構造を形成し始めます。血管が形成されると、栄養素と老廃物を交換し、移植片の生存を維持できます。このグループの大きな進展は、特定の状況に合わせたソリューションを提供できるプレシジョンメディシンにおける3Dバイオプリンティングの大きな可能性を示しています。

Karande教授による研究の紹介を視聴する:https://www.youtube.com/watch?v=7uM9HDmBeVE&feature=emb_logo

続きを読む

Three dimensional bioprinting of a vascularized and perfusable skin graft using human keratinocytes, fibroblasts, pericytes, and endothelial cells. Tissue Engineering Part A. 2020; 26(5-6): 227-238. DOI: 10.1089/ten.tea.2019.0201.

その他のお客様を特集