バイオインク開発用の材料

独自のバイオインク組成で始めましょう。

独自のバイオインクを配合することは難しくはありません。

信頼性の高い、再現性のある、カスタムバイオインク組成を短時間で開発するためのすべての必要な幅広いポートフォリオが揃っています。当社の基剤、増粘剤、架橋剤は標準化され、品質管理されており、一貫性と再現性のある結果が得られます。バイオインク組成の開発とカスタマイズは、これらの高品質コンポーネントから確かに再現できます。

濃縮成分

成分を再構成して、組成を微調整します。

バイオインクの開発を完全に制御したいですか?バイオインクの製造には具体的な濃度が必要ですか?当社のバイオマテリアルやバイオインク成分の多くは、特性を微調整するために任意の濃度に再構成できる無菌の凍結乾燥物および粉末が販売されています。これらのバイオマテリアルは、再構成剤、架橋剤、消耗品を含むキットにもパッケージ化されており、素早く始めることができます。

当社のさまざまな濃縮成分をご覧ください

GelMA凍結乾燥物

メタクリレート基で官能化された豚ゼラチンの乾燥凍結製品。これは組織工学で最も人気のあるバイオマテリアルの1つであり、さまざまな用途で使用されています。

HAMA凍結乾燥物

メタクリル化ヒアルロン酸の無菌粉末。滅菌バッファーを添加し、目的の濃度で再構成すると、バイオインクやその他の3D細胞培養構築物の組み込みを開始できます。

アルギン酸凍結乾燥物

褐藻の細胞壁から分離された天然由来の多糖類。

Coll 1凍結乾燥物

細胞外マトリックス(ECM)および結合組織に見られる主要な構造タンパク質の1つ。人体の総蛋白の30%以上を占め、組織工学や3Dプリンティング用の優れたバイオマテリアル。

Pluronics粉末

水に溶かし、プリント適合性に優れたハイドロゲルを作成できます。

ColMA凍結乾燥物

光学活性メタクリレート基で修飾されたラット尾由来の1型コラーゲンのユニークなバリエーションです。光重合開始剤の存在下で架橋することができます。

保存液

バイオインク開発を迅速に繰り返します。

当社のバイオマテリアルとバイオインク成分の多くは無菌、高濃度で販売されており、迅速に混合および希釈してカスタムバイオインクを開発することができます。さらに、せん断減粘性を付与し、プリント適合性を高めるための増粘剤ライブラリを確認してください。

当社のさまざまな保存液をご覧ください

GelMA 20 %

バイオインク組成の基剤として使用される生理的pHと浸透圧を持った濃縮溶液。

HAMA 5 %

この5% HAMA濃縮液は、再構成剤Pで簡単に希釈したり、独自のバイオインク組成の添加剤として使用できます。

Pluronics 40 %

優れたプリント適合性を示す、すぐにプリンティングできる犠牲インクとサポートインク。血管新生組織、マイクロフルイディクス装置のチャネル、複雑な組織構造物の支持スキャフォールドの製造に最適です。

アルギン酸5%

バイオプリンティングとキャスティングの両方に適した粘性のアルギン酸ハイドロゲル。これは単独で使用する、他のハイドロゲルと混合してイオン架橋を可能にする、再構成剤Mで希釈し目標濃度を達成することができます。

増粘剤

プリント適合性を高めるために、バイオインクを安定化します。

増粘剤はせん断減粘性を付与し、安定化とプリント適合性を高めることで、バイオインクの開発において重要な役割を果たします。当社の多くの増粘剤はバイオインク開発に利用でき、それぞれが特定の用途と使用目的に合わせてカスタマイズされています。

当社のさまざまな増粘剤をご覧ください

ナノ繊維状セルロース

高いアスペクト比(5–20 nm幅、長さ数ミクロン)の原繊維からなる木材由来の材料。

キサンタンガム

さまざまな食品の増粘剤および安定剤として広く使用されている多糖類。

グルコマンナン

周囲条件でゲル化し、液体の粘性を高め、効果的な増粘剤にする水溶性多糖類。

中和剤とバッファー

迅速で簡単な希釈と中和。

バイオマテリアルを再構成する際に、適切なpHと等張性を持つ溶液を使用することは、細胞培養の成功に必須です。当社の再構成剤とバッファーはバイオマテリアルの再構成、希釈、中和を迅速かつ簡単に行うために最適化されています。

当社のさまざまな中和剤とバッファーをご覧ください

コラーゲンバッファー

CELLINKのColl 1凍結乾燥物、Coll 1溶液、ColMA凍結乾燥物、ColMA溶液の中和プロセスを簡単にするために開発されました。

再構成剤P

バイオインク組成の目的で、GelMA凍結乾燥物およびHAMA凍結乾燥物を溶解および希釈するために理想的です。

再構成剤M

アルギン酸やその他の電荷を帯びた多糖類を溶解および希釈するための理想的なバッファー。

再構成剤A

Coll1凍結乾燥物などCELLINKのコラーゲンバイオマテリアルを溶解および希釈するために理想的な酸性溶液。

架橋剤と光重合開始剤

バイオインクを無傷で安定させます。

バイオインクの架橋は、細胞培養および解析中にバイオインクを無傷で安定に保つために必須です。架橋剤は、カルシウムイオンによるイオン性架橋を可能にするため、あらゆるアルギン酸基剤のバイオリンクに理想的な組み合わせです。光重合開始剤は、メタクリル化バイオマテリアルと組み合わせて使用され、共有結合を形成することによって光硬化を可能にし、ColMA、GelMA、HAMAでの使用が理想的です。

当社のさまざまな架橋剤と光重合開始剤をご覧ください

Irgacure 2959パウダー

ハイドロゲルやバイオインクなど、水溶性高分子材料の重合に利用する光重合開始剤。

架橋剤

当社の架橋剤には50 mM塩化カルシウムが含まれており、CELLINKバイオインク、GelXA、CELLINK Aなどアルギン酸塩を含むバイオインクを架橋します。

LAPパウダー

水溶性高分子材料の重合に利用される細胞適合性光重合開始剤。