Lumen X PhotoInk™シリーズ

速度、精度、解像度が最適化されたハイドロゲル

Lumen X PhotoInk™ Series

hydrogels optimized for speed, accuracy and resolution

Volumetric PhotoInk™ハイドロゲルは、多孔質スキャフォールドからデジタル光処理(DLP) Lumen Xを使用したマイクロフルイディクス装置まで、あらゆる3Dバイオプリンティングの際の速度、精度、解像度が最適化されています。生体適合性PEGDAとGelMAベースの組成から選択して、さまざまな用途に適合します。

高速な光重合によって、PhotoInkは30分以内に最大14mmの構造をプリンティングします。ハイドロゲルには多くの用途に適したさまざまな剛性があり、光硬化構造物は時間が経過するとより透明になります。

GelMA PhotoInkを使用して、細胞ペレットを混合し、細胞の生存率にほとんど影響することなくバイオプリントされた構造に細胞を埋め込むことができます。

Lumen Xでのみ使用します。

BIO X、INKREDIBLE、またはINKREDIBLE+バイオプリンターでは使用できません。

製品シリーズ:

PEGDA Start PhotoInk™

新しいジオメトリを素早く試験したり、Lumen Xの使用法を学習するために、光学的に不透明です。マイクロフルイディクス装置のプリンティングや、200 µmを超える支柱を持った組織格子構造の構築に最適です。

PEGDA PhotoInk™

光学的に透明で、柔らかく、ガス浸透性のある構造に最適化されています。複雑な血管構造を持つマイクロフルイディクス装置のバイオプリンティングや、600 µmを超える支柱を持った多孔質スキャフォールドの構築に最適です。

PEGDA200 PhotoInk™

光学的に透明で、柔軟、ガス浸透性のある構造に最適化されています。300 µmを超える支柱を持った組織格子構造のバイオプリンティングに最適です。

PEGDA500 PhotoInk™

光学的に半透明で、200 µmを超える支柱を持った格子構造など、剛性のある多孔質スキャフォールドまたはスタティックミキサーに最適です。

GelMA PhotoInk™

ほとんど透明で、細胞接着に適した生物分解性構造物に最適です。細胞ペレットと混合し、細胞の生存率にほとんど影響することなく光硬化できます。

製品シリーズ:

使い捨てPDMSディッシュ

Volumetricのバットは、Lumen Xでプリンティングしながら、硬化したPhotoInk™の層を穏やかに分離できるように、独自のシリコン組成で裏打ちされています。

PhotoInk™はVolumetricの登録商標です。無断複写・転載を禁じます。