肝臓組織モデルキット

肝臓組織のモデリングが簡単になりました!

CELLINKの肝臓組織モデルキットはバイオプリントされた肝臓組織モデルを作成し、完全な解析を実行するために必要なすべてのツールを提供します。このような肝臓モデルは、生体内条件に似た生理的3D環境を維持し、肝臓細胞プロセスを促進します。その結果、肝臓組織モデルはネイティブと同じような取り込みと用量反応を示し、例えばより生理学的に近い薬物スクリーニングを可能にします。肝臓組織モデルキットの複雑なバイオインクは、特定の研究のために肝臓モデルをカスタマイズするのに役立ち、最適化された抗体により、肝臓機能の選択的な主要マーカーを使用してモデルの細胞を直接解析できます。

2つのバイオインクオプション

ラミニン111で機能化されたCELLINKバイオインクまたはGelXAベースのバイオインクがキットには含まれています。GelXA LAMININK 111はGelMAの生物学的特性を提供し、室温を含む広範な温度範囲でプリント適合性があります。細胞の感受性に対応する優れた架橋機能を有し、モデルの機械的特性を調整できます。CELLINK LAMININK 111は、光に敏感ではなく、広範な温度で安定した汎用性の高いプリント適合性を持つという利点があります。CELLINK LAMININK 111のナノセルロースは、さまざまな肝臓細胞タイプの相互接続に影響を与える可能性のある線維状ネットワークを提供し、例えば、胆管ネットワークの形成、または共培養組織モデル内での星状細胞のアライメントを促進します。

肝臓組織モデルキットシリーズ

肝臓組織モデルキット

肝臓組織モデルを生成および解析するための完全なソリューション。このキットには、肝細胞、星状細胞、クッパー細胞、内皮細胞など複数の細胞タイプに対応するバイオインクが付属しており、ニーズに合わせて各モデルをカスタマイズできます。

肝臓組織モデルキット - 細胞付き

CELLINKのバイオインクとLonzaの初代細胞、培地と組み合わせて、複雑な3D肝臓組織構築物のバイオプリンティングを強化するための包括的なソリューションを提供します。バイオプリンティングと自動化の力を簡単に利用して、一貫性のある高品質の肝臓構造を作成します。

3つの抗体

肝臓組織モデルの直接機能解析は、1型コラーゲン、ABCC2、CYP3A43の3つの抗体の免疫組織化学的イメージングで取得できます。1型コラーゲン抗体は、線維性誘導の際の星状細胞による1型コラーゲンの産生を評価します。ABCC2抗体は、肝細胞のトランスポーター多剤耐性タンパク質2 (MRP2)を評価し、CYP3A43抗体は薬物化合物の代謝に関与するシトクロムP450酵素の1つを解析します。

実際の肝臓組織モデルキット

緑色の抗体、青色のDAPI、縮尺表示 = 100 µm。

培養7日目の(A) GelXA LAMININK 111と(B) CELLINK LAMININK 111中のHepG2とLX2の共培養における1型コラーゲンの産生。

(C) GelXA LAMININK 111と(D) CELLINK LAMININK 111でバイオプリントした共培養構築物中の肝細胞HepG2のABCC2抗体染色。

初代肝細胞の(E)クラスターと(F) 1細胞のCYP3A43抗体染色。