GelMAシリーズ

基盤となるバイオインク

GelMA Series

The cornerstone bioink

結果の一貫性と再現性を確保

ゼラチンメタクリレート(GelMA)はさまざまな用途に対応する優れた汎用性により、バイオプリンティング分野において基盤となるバイオインクとなっています。現在、世界の研究室が自分たちでGelMAを合成しており、その普及に拍車をかけていますが、結果的に組成の不一致も生じています。この問題に対処するために、世界の数百の研究所がCELLINKのGelMAを利用して、結果の一貫性と再現性を確保しています。

GelMAとは

GelMAはアミン基の一部がメタクリレート基に置換された、光架橋が可能なゼラチンです。光架橋は細胞培養条件下で、プリント構造の安定性を促進します。GelMAハイドロゲルが生物医学分野で幅広く応用されているのは、さまざまな細胞タイプで優れた接着と増殖を可能にするユニークな生物学特性にあります。

What is GelMA?

GelMA is a photocrosslinkable version of gelatin with amine groups that are partially replaced with methacrylate groups. Photocrosslinking facilitates stability of printed constructs in cell culture conditions. The widespread use of GelMA hydrogels in the biomedical field is due to their unique biological properties that enable excellent attachment and proliferation of various cell types.

製品シリーズ:

Bio Conductink

Bio Conductinkは筋肉の収縮と神経の修復を研究するために設計されました。Bio Conductinkはカーボンナノチューブ(CNT)などの導電性添加物を使用して、神経細胞や筋肉細胞用に導電性の細胞環境を作成します。この環境により、細胞は電気信号の伝達が可能になり、コミュニケーションやネットワーク形成が促進されます。Bio ConductinkはCNTを利用することで、細胞毒性の低い、優れたプリント適合性をユーザーに提供します。

GelMA

CELLINK GelMAは多くの哺乳類細胞に適合し、幅広い組織のベース材料として使用することができます。このバイオインクは、温度制御されたプリントヘッドと冷却されたプリントベッドの組み合わせでプリンティングするように設計されています。GelMAは架橋前にその形状を維持するために、プリンティング後は直ちに冷却する必要があります。GelMAはプリンティング中の熱環境に非常に敏感で、推奨プリンティング温度は26℃です。

GelMA A

GelMA AはGelMAとアルギン酸の長所を併せ持ちます。この混合により、室温での優れたプリント適合性と、熱制御のないバイオプリンティングシステムでもノズルの目詰まりのリスクを最小限に抑えます。GelMA Aは、光重合開始剤と405 nmの波長、または当社の架橋剤を加えて架橋できます。異なる架橋オプションによって、目的の組織に最適な機械特性を持つ構造を開発できます。

GelMA C

GelMA CはGelMAとナノ繊維状セルロースの長所を併せ持ちます。この混合により、熱制御なしの室温で滑らかなプリント適合性を持ち、筋肉、皮膚、上皮、神経細胞などの細胞タイプに有用な繊維状の形態を提供します。GelMA Cは光重合開始剤の活性化またはイオン性架橋剤の添加により迅速に架橋します。

GelMA HA

GelMA HAはGelMAにメタクリル化ヒアルロン酸(HA)を混合したものです。HAは皮膚、軟骨、骨、神経など、多くの組織の細胞外マトリックスの主成分です。これは細胞の増殖と移動に重要であり、生物医学研究で注目されている材料です。

GelMA FIBRIN

GelMA FIBRINバイオインクは、血管形成に関与する内皮細胞に、生物学的および機械的なシグナルを提供するように設計されています。これを実現するため、 内皮組織特異的な機能をGelMAに追加しました。 

 

GelMA HIGH

当社のGelMAバイオインクは、生理的pHや浸透圧条件の光重合開始剤が不要な、高濃度シリンジバージョンでも提供しています。バッファー添加済みのGelMA溶液を光重合開始剤または添加剤で希釈して、ユーザー独自のGelMAベースのバイオインクまたは3D細胞培養組成を簡単にカスタマイズすることができます。加温し、よく混合するだけで、実験可能です。GelMAの調製がこれまでになく迅速になりました!