Cellinkシリーズ

革新的な研究のためのユニバーサルバイオインク

Cellink series

Universal bioinks for innovative research

あらゆる細胞の種類を使用して、便利な3D細胞工学が可能

2016年、CELLINKはバイオプリンティング分野を発展させるために、ユニバーサルバイオインク製剤を開発するという課題に取り組みました。その結果として、当社はあらゆるバイオプリンティングシステムで使用できる最初のユニバーサルバイオインクであるCELLINKバイオインクを開発し、あらゆる細胞タイプで便利な3D組織工学が可能になりました。このバイオインクは、天然材料由来のナノ繊維状セルロースとアルギン酸でできています。厳格な品質管理下で開発されており、研究実験を通した一貫性が確保されます。このバイオインクは優れたプリント適合性と細胞生存率だけでなく、プロジェクトのニーズを満たすためにペプチドや成長因子で修飾することもできます。

CELLINKバイオインクをRGDペプチド、フィブリノーゲン、リン酸三カルシウム、ラミニンで修飾することにより、さまざまな用途向けにカスタマイズした一連のバイオインクを開発しました。CELLINKバイオインクを高濃度の細胞と混合し、目的の構造をバイオプリントするだけです。塩化カルシウム含有架橋剤で架橋し、洗浄し、目的の細胞培地で培養します。

比類のない一貫性とプリント適合性

せん断減粘性ナノ繊維状セルロースの利点とアルギン酸の汎用性を組み合わせたCELLINKバイオインクは、比類のない一貫性とプリント適合性を有しています。CELLINKバイオインクは広範な温度でスムーズな流動性を持ち、プリンティング後もその形状を維持します。

 

十分に分散したナノ繊維状セルロースは、せん断速度の増加に伴い粘度が一貫して低下するため、バイオプリンティングに最適なせん断減粘性挙動を示す安定したCELLINKバイオインクが可能です。CELLINK LAMININKは粘度がやや低く、より柔らかいバイオプリント造形を形成します。

製品シリーズ:

CELLINK® Bioink

CELLINKバイオインクは、ヒト組織のバイオプリンティングを最適化するために設計された、初のユニバーサルバイオインクです。CELLINKバイオインクは、セルロースとアルギン酸を基剤とする非動物性由来の多糖類ハイドロゲルです。その生体適合性と、使いやすさから、3D細胞培養に最適なバイオインクです。CELLINKバイオインクを用いた初期の研究では、ヒト軟骨細胞による軟骨特異的な細胞外マトリックス成分の合成をサポートする能力が示されました。CELLINKバイオインクは皮膚や腫瘍組織との多数の適合性も示しています。

CELLINK® RGD

CELLINK RGDは強化された組成のCELLINKバイオインクです。このバイオインクには、細胞接着ペプチド配列RGDと共有結合したアルギン酸が含まれます。この配列はフィブロネクチンに由来し、細胞接着配列として最も広く認識されているものです。RGDはほぼすべての組織のエンジニアリングに広く適用できます。この配列は人体への結合を高めるために骨や血管インプラントの表面処理にも使用されているものです。

CELLINK® FIBRIN

CELLINK FIBRINはさまざまな組織や皮膚関連構造を造形し、創傷治癒研究のために設計されています。フィブリンは凝固能力を持ち、組織治癒に重要なタンパク質です。CELLINK FIBRINには、安定的なネットワークの開発を可能にするためにトロンビン強化された架橋溶液が付属しています。トロンビンで架橋後、CELLINK FIBRINにはin situフィブリンとフィブリノーゲンの両方が含まれ、より生理学的に近い創傷治癒環境を提供します。

CELLINK® SKIN

CELLINK SKINは線維芽細胞、ケラチノサイト、メラノサイトを培養し、皮膚および皮膚関連の造形物を作成するために最適化されています。このバイオインクには、自然の創傷治癒環境を再現するためにフィブリノーゲンが含まれています。CELLINK SKINには、トロンビン強化された架橋溶液が付属しており、全層皮膚組織モデルの形成をサポートします。トロンビンで架橋後、CELLINK SKINはin situフィブリンとフィブリノーゲンを含み、自然の創傷治癒プロセスを模倣する環境を提供します。CELLINK SKINは皮膚モデルと化合物のテスト用に設計されています。

CELLINK® BONE

CELLINK BONEは細胞分化を誘導し、骨形成能力を与えるために設計された、改変された組成を持つユニバーサルCELLINKバイオインクです。CELLINK BONE内にはリン酸三カルシウム粒子が均一に分散されており、一貫したプリント適合性を確保します。CELLINK BONEは骨と靭帯または骨と軟骨への移行領域など、骨、関節、界面に関連する細胞タイプと組織応用での使用を目的としています。CELLINK BONEは骨構造を造形するための基剤として使用でき、BMP-2などのその他の骨形成因子を補充して、その特性をさらに強化できます。

CELLINK® LAMININK

CELLINK LAMININKには、CELLINK LAMININK 111、CELLINK LAMININK 121、CELLINK LAMININK 411、CELLINK LAMININK 521、CELLINK LAMININK+が含まれます。これらのバイオインクは、さまざまなラミニンを統合し、基底膜と自然な組織環境を模倣します。ラミニンは細胞の分化、移動、接着に重要な役割を果たし、健康な組織のサポートにも関与しています。CELLINK LAMININKは、組織の維持と生存率を高めるように設計されています。バイオインクは細胞の生存率を最大化し、多くの細胞タイプの培養の優れた開始点です。他の異種マトリックスと比較して、当社のラミニンの移植材料はマトリックス環境をより適切にコントロールできます。