合成生物学

複雑な合成ワークフローを加速

紹介

合成生物学は、生物学的システムのエンジニアリングまたは再設計についての学問です。代謝工学または人工遺伝子ネットワークとシグナル伝達経路の構築により、新しい目的のための自然なメカニズムの再プログラミングと、望ましい性質を持つ合成生物体の構築が可能になります。合成生物学のアプローチは、医薬品、製造、農業で使用される化学物質の生産のためのソリューションを提供してきました。

難しい課題には強力なツールが必要

合成生物学の主な課題は、生物学的制御ネットワークの複雑さを、十分に定義された機能を持つ生物学的な部分に抽象化することです。これらの部品は、その後でモジュール方式で組み立て、さまざまな新しい機能を生み出すことができます。

複雑な合成生物学ワークフローのニーズを満たす

DNAの正確なハンドリングと濃度制御は、機能部品からシーケンスライブラリを組み立てるために必須です。I.DOTテクノロジーにより、クロスコンタミネーションのない非接触方式で、高度にマルチプレックス化された微量のDNA断片と試薬の分注が可能になります。複雑な合成生物学のワークフローのニーズに対応するため、複数の液体を迅速に分注および組み合わせることができます。従来の合成反応を桁違いにスケールダウンできるため、試薬のコストと時間を節約できます。 I.DOTは広範なプレートハンドリングロボットに対応し、完全に自動化されたプラットフォームに統合できます。

生物体をモデル化して、合成部品をスクリーニング

合理的な設計アプローチや無細胞スクリーニング系に加えて、大腸菌や出芽酵母などの微生物モデル生物が新しい合成部品の開発とテストに使用されています。これらの生物ではゲノムが詳細に解析され、遺伝子操作が簡単になったことで、高い生殖率と相まって、シーケンスライブラリのスクリーニングに貴重な情報を提供します。

自動化されたシングルセルクローニング

B.SIGHT™シングルセル分注技術は、細菌、酵母、その他の小さな菌類の単純化されたシングルセルクローニングワークフローを提供します。B.SIGHTは形質転換後のシングルセルの直接的、標識を使用しない、自動化された単離を可能にします。細胞を液体培地に分注することで、時間と手間のかかる寒天プレートでのストリークやコロニーピッキングのステップを置き換えることができます。

関連する論文発表

Cell-Free Prototyping of AND-Logic Gates Based on Heterogeneous RNA Activators

著者:François-Xavier Lehr, Maleen Hanst, Marc Vogel, Jennifer Kremer, H. Ulrich Göringer, Beatrix Suess, and Heinz Koeppl

ダルムシュタット工科大学

関連製品

campaign2-I-DOT_front-LR-2

I.DOT™

分注プロセスに効率性と速度を提供するように設計された非接触プレミアリキッドハンドリングソリューション。I-DOTはアッセイ、化合物スクリーニング、サンプル調製の小型化を支援します。

campaign-Cytena_b_sight_front_final_freigestellt

B.SIGHT™

実績のあるシングルセル分注技術を使用して、1個の細菌を分注します。サブミクロン範囲での原核細胞の単離を可能にします。高解像度光学系により、小さな細胞でも可視化できます。