qPCR

アッセイの小型化と非接触リキッドハンドリングによるコスト削減

Bioink Development

Develop and characterize the next generation biomaterials

Tissue Models & Engineering

Engineering Tissue-Specific Models

紹介

リアルタイム定量PCR (qPCR)は、特異的なRNAまたはDNA配列を検出し、定量化するための強力な方法です。この手法を使用して、DNAまたは相補DNA (cDNA)テンプレート内の特定の領域を、配列固有のプライマー、耐熱性DNAポリメラーゼ、サーマルサイクラーを使用して数千のコピーまで増幅できます。従来のPCRではゲル電気泳動を使用して生成物を解析しますが、qPCRでは蛍光色素または蛍光標識プローブを使用してDNAを標識することにより、PCRプロセス中にデータを収集できます。

データポイントあたりのコスト削減

試薬は高価なため、qPCRアッセイのコストは、サンプル数と作業量によって変動します。当社のI-DOT微量リキッドハンドリング技術によるアッセイの小型化により、試薬のコストが大幅に削減されます。さらに、I-DOTはピペットチップが不要です。I-DOTはナノリットル容量範囲で、正確な試薬投与を可能にします。qPCRは、384ウェルプレートまたは1536ウェルプレート中でサブマイクロリットルの容量に簡単にスケールダウンできます。

時間の短縮と再現性の向上

I-DOT装置を使用すると、qPCR用の384ウェルプレートの調製を5分以内で実行できます。複数の液体の組み合わせと容量は、8つの分注チャネルを同時に使用して構築できます。無限の組み合わせ可能性と高速性能に加えて、非接触分注技術は、プレートハンドリングロボットを使用する自動化されたワークフローにも簡単に組み込めます。さらに高いスループット用に、1536ウェルプレートと3456ウェルプレートが使用できます。

関連する論文発表

Modeling neural tube development by differentiation of human embryonic stem cells in a microfluidic WNT gradient

著者:Pedro Rifes, Marc Isaksson, Gaurav Singh Rathore, Patrick Aldrin-Kirk, Oliver Knights Møller, Guido Barzaghi, Julie Lee, Kristoffer Lihme Egerod, Dylan M. Rausch, Malin Parmar, Tune H. Pers, Thomas Laurell & Agnete Kirkeby

幹細胞生物学のためのノボノーディスク財団センター(DanStem)

関連製品

idot_front

I.DOT™

標準のリキッドハンドラーと比較して、I-DOTはコンビナトリアル分注パターンを効率的に実行できます。I-DOT Oneは、シンプルで、信頼性が高く、堅牢な非接触圧力ベースの分注を提供します。