CELLINKの用途

分子生物学とオミクス

分子生物学とオミクスは、急速に成長している分野であり、ハイスループットかつ自動化しやすい装置に対する要求が高まっています。当社は臨床サンプル、希少細胞サンプル、その他初代細胞の処理を可能にする、使いやすいシングルセル単離装置を提供しています。当社の安価な微量リキッドハンドリングテクノロジーは最高速度というだけでなく、市販されている中で最も汎用性の高いソリューションの1つです。お客様は、分子診断、次世代シーケンス、シングルセル解析、合成生物学のワークフローのコストと時間を節約できます。

次世代シーケンス

次世代シーケンスのためのライブラリ調製の微量分注と小型化。

シングルセルオミクス

プレートベースのシングルセルオミクスワークフロー用のスケーラブルなプラットフォーム。

合成生物学

複雑な合成ワークフローを加速。

アッセイ開発

迅速なアッセイ開発のための自動化と柔軟性。

qPCR

アッセイの小型化と非接触リキッドハンドリングによるコスト削減。