小型化された化学

多成分反応および化学合成反応の小型化と自動化

紹介

合成や化学反応条件の探索は、伝統的に連続的な時間がかかるプロセスであり、しばしば医薬品開発の大きなボトルネックになります。反応の小型化とマルチプレックス化戦略は、合成化学を加速するためにますます採用されてきています。当社はナノリットル容積範囲で化学反応を高くマルチプレックス化して組み立てるための革新的技術を提供します。

ナノスケールでの化学反応の高速組み立て

当社のI-DOT微量非接触分注技術は、数分で数百~数千の反応条件の高度にマルチプレックス化された組み立てが可能です。最大96試薬を並行してロードできるため、1536ウェルプレートまたはさらに高密度フォーマットやカスタマイズされた基質での多成分反応の迅速な生成とスクリーニングが可能です。

試薬のコストと消耗品を節約

従来のアッセイは、2D単層での細胞培養に基づいています。ハイスループットスクリーニングや自動化の利点にもかかわらず、これらのシステムでは、細胞が生体内で経験するすべての関連する状況を反映していないことがよくあります。CELLINKでは、バイオプリンターと、すぐに使えるバイオインクを使用して、より生理学的環境に近い3D組織モデルを構築および解析するためのソリューション全体を提供しています。当社のバイオプリンティング専門家チームは、3D組織モデルの作成、画像ベースの読み出し、データ解析まで、再現性のある自動化されたワークフローの設定をサポートします。

化学と生物学を組み合わせて、創薬に革命を

医薬品の開発では、しばしば細胞ベースのアッセイを使用して数万の合成化合物をスクリーニングする必要があります。多成分化学合成と細胞アッセイを単一のプラットフォームで組み合わせることは、創薬にかかる時間を大幅に短縮できる革新的なアプローチです。

この技術の所有企業:

関連製品

campaign2-I-DOT_front-LR-2

I.DOT™

分注プロセスに効率性と速度を提供するように設計された非接触プレミアリキッドハンドリングソリューション。I-DOTはアッセイ、化合物スクリーニング、サンプル調製の小型化を支援します。