疾病モデル

in vitroでの治療法の発見を加速するための3Dバイオプリント疾病モデル。

紹介

動物モデルと2D細胞培養により、疾病とその進行についての分子メカニズムの理解が進んでいます。しかし、ヒトでの有効性が低いため、医薬品開発の試みは多くが臨床試験で中止となります。

近年、人間の臓器の微小環境をより再現できる3D細胞培養によって、ヒトの疾病をモデル化することに大きな関心と成功がありました。ヒト臓器モデルでの治療法のin vitro試験は、研究者に新しいツールを提供し、それによって発見を大きく加速し、後期臨床試験の失敗を防ぐことができます。

Bioprinting Series

新しいツール

ネイティブ臓器の微小環境を模倣するバイオプリンター技術とバイオインクの発展により、特定の細胞タイプ、理想的な機械的特性、より適切な細胞の空間パターンなど、より生理学的環境に近いモデルを戦略的に作成できるようになりました。このような動的モデルは腫瘍細胞、患者由来の細胞、または刺激によって疾病の悪化を誘導できる正常な細胞株など、異常細胞を使って作成できます。

疾病モデルの作成

当社のバイオプリンターBIO XLumen Xなどは、特定の臓器タイプに合わせてカスタマイズできる複雑な組織構造の自動作成が可能です。BIO Xバイオプリンターには3つ/6つのプリントヘッドが搭載され、さまざまな細胞タイプとバイオインクをロードできます。組織固有の用途に開発されたさまざまなバイオインクがあり、自然の組織パターンを模倣するために使用できます。押出し式BIO Xシステムは、より生理学的環境に近い疾病モデルまたは正常な組織モデルをハイスループットで96ウェル/384ウェルプレートに、またはより大きな細胞培養皿に単一のバルク組織を3Dプリントできます。Lumen XHolograph Xを使用した光造形バイオプリンティングは、血管形成された組織の作成が可能です。

疾病誘導と化合物スクリーニング

バイオプリンターバイオインクの他にも、当社は使いやすい微量分注器を提供しています。I.DOTを使用して、バイオプリンターで作成した正常組織を精密かつ自動的に生物活性物質で刺激することができます。 I.DOTは疾病誘導のために生物活性物質を正確に投与し、希釈系列を迅速に作成し、数千の化合物(またはその組み合わせ)の存在下での応答をスクリーニングできます。

I-DOTを使用した腫瘍スフェロイドの形成

Bioink Composition and Printing Parameters for 3D Modeling Neural Tissue

著者:Valentina Fantini,† ,Matteo Bordoni 3,†,Franca Scocozza, Michele Conti, Eveljn Scarian, Stephana Carelli, Anna Maria Di Giulio, Stefania Marconi , Orietta Pansarasa, Ferdinando Auricchio and Cristina Cereda,*

パヴィア大学

関連製品

idot_front

I.DOT™

標準のリキッドハンドラーと比較して、I-DOTはコンビナトリアル分注パターンを効率的に実行できます。I-DOT Oneは、シンプルで、信頼性が高く、堅牢な非接触圧力ベースの分注を提供します。

campaign-BIO-X

BIO X™

オープンシステム、インテリジェントで交換可能なプリントヘッドにより、世界で最も使いやすいバイオプリンター。複雑な組織構造の開発、新薬化合物の試験、さまざまな応用分野でのワークフローの合理化を支援します。

campaign-cellink_BioX6_front_no_bg_fixed

BIO X6™

市販されている中で最も柔軟な6プリントヘッドバイオプリンティングプラットフォーム。画期的発見を目指す研究者に選ばれるシステムです。ラボにBIO X6を導入することで、これまで以上に多くの材料、細胞、ツールを組み合わせ、より早い結果を得ることができます。

campaign-lumenx2

LUMEN X™

マイクロフルイディクス、細胞を含んだハイドロゲル、マクロ多孔質構造などの応用を強化します。生体適合性青色光で血管構造をプリンティングするように設計され、血管の複雑な分岐と先細りを実現する利点があります。

cellcytex_test

CELLCYTE X™

CELLCYTE Xは、細胞培養実験からの洞察を最大化するための最高のソリューションです。ほとんどのインキュベーターに適合するように設計されており、ユーザーはライブセルイメージングの力を活用して、今日の最も差し迫った難問に対する答えを見つけることができます。

mobile2-bioinks for applications bioink development

バイオインク

当社は世界初のユニバーサルバイオインクを開発しました。現時点で、世界50か国以上の数百の研究所で使用されています。当社は細胞運命決定プロセスを導く優れたプリント適合性と生物活性特性を備えた革新的なバイオインクの設計を続けています。

campaign-holograph-Xproduct

HOLOGRAPH X™

数分以内にサブマイクロメートルの解像度でヒトの生理機能を再現できるレーザーベースのバイオプリンター。完全自動化され、ユーザーはあらゆる構造の設計が可能な、研究および治療開発のために移植可能な3D組織スキャフォールドをレーザープリントします。