微生物系でのタンパク質発現

自動化された細菌、酵母、その他微生物のシングルセルクローニング

バイオ医薬品の成功への道を拓く

組換えタンパク質の生産は、生命科学、バイオテクノロジー、医学において大きな役割を果たし、多くの成功したバイオ医薬品の開発と生産を可能にしています。哺乳類系は、ヒトに似た糖鎖形成を必要とするモノクローナル抗体用に適した方法ですが、細菌や酵母などの微生物発現系は、ペプチドや抗体フラグメントなどの小~中サイズまでの組換えタンパク質の生産に広く使用されています。

大腸菌や出芽酵母などの生物体は、迅速な倍加時間、高い細胞密度、高い生産性により、医薬品開発、合成生物学、スクリーニング用途に有用な微生物細胞工場となります。

シングルセル単離

シングルセル単離は、安定発現株の開発で重要なステップです。現在の細菌と酵母のシングルセル単離のワークフローは、寒天プレートでのストリークまたは限界希釈に基づいているため、多くの場合非効率で時間がかかります。

b.sightをお勧めします

B.SIGHTシングルセル分注を使って、細菌、酵母、その他小さな菌類の効率的なシングルセルクローニングが可能です。b.sightを使用すると、個々の細胞を液体培地に直接単離できます。標識を使用せず、自動化されており、時間とリソースが節約できます。これによって、手作業による時間のかかる寒天プレートでのストリークやコロニーピッキングのステップを省略できます。