細胞株の開発

治療用のタンパク質産生のためのクローン細胞株の作成時のタイムライン短縮

紹介

治療用の組換えタンパク質を高収量で生産するためには、安定発現細胞株を開発する必要があります。CHOやHEK 293などの哺乳類宿主細胞は、一貫した翻訳後修飾の重要性から、一般的に選ばれる発現系です。

web-Cytena_f_sight_side_final_freigestellt

クローン性の検証

シングルセル沈着の明確で追跡可能な証拠

シングルセルクローニングとクローン性の検証

トランスフェクション後、トランスフェクション細胞プールからシングルセルを単離する必要があります。従来、この重要なステップでは限界希釈を行っていました。米国食品医薬品局(FDA)などが作成した初期の規制ガイドラインに基づいて、組換えタンパク質の生産細胞株は、集団の不均一性を最小限に抑え、高生産性クローンの単離とその後の選択を容易にするために、1個の前駆細胞からクローン化されます。

当社のソリューション

細胞株がクローン由来であることを保証するために、複数回の限界希釈が必要であり、これは時間と手間が掛かるプロセスです。当社のsingle-cell printer™分注技術は、確実なシングルセル単離を可能にし、文書化された画像ベースのクローン性の検証を提供し、優れた細胞生存率、クロスコンタミネーションなしの効率的で迅速なシングルセル播種を提供します。

ワークフローの特徴

当社の広範な製品ポートフォリオは、細胞株開発ワークフローの速度、品質、効率を大きく高めるための革新的なテクノロジーと装置を提供しています。

transfection ny2

1.トランスフェクション

CASY-frilagd-shadow

2.細胞計数

F.SIGHT casy workflow

3.シングルセルクローニングとクローン性の検証

C.BIRD casy workflow

4.早期に浮遊培養とスケールアップ

bioreactor casy workflow

5.バイオリアクター0.2-20L

icon_real time PCR - Pooling library

6.高生産性クローンの選択

transfection ny2

Transfection

CASY-frilagd-shadow

Cell counting

F.SIGHT casy workflow

Single-cell cloning & proof of clonality

C.BIRD casy workflow

Early suspension culture & upscaling

bioreactor casy workflow

Bioreactor 0.2-20 l

icon_real time PCR - Pooling library

Selection of high producer clones

早期の浮遊培養

シングルセルクローニング後、細胞は通常、静置条件で数週間培養し、クローンが十分に増殖してから、ディープウェルまたは24ウェルプレートに移して振とうします。さらに培養後、選択したクローンをスケールアップし、最後にフラスコやミニバイオリアクターで振とうします。したがって、クローニング後の最初の数週間、細胞は静置条件で培養します。これはプロセス後半や生産中の細胞培養環境とは一致しません。当社の革新的なバイオリアクタープラットフォームであるc.bird™は、細胞株開発プロセスの早期に浮遊培養を可能にするために開発されました。

関連するアプリケーションノート

再生医療用途向けにCRISPR編集間葉系幹細胞クローンを作成するための合理化されたワークフロー

F.SIGHT – 細胞株開発(CLD)ワークフローでクローン性が保証されたシングルセルの蛍光強度に基づいた単離

C.BIRD – 優れた細胞増殖と組換えタンパク質生産のために96ウェルプレートでの浮遊培養を可能にするマイクロバイオリアクター

96ウェルプレートでの最適な浮遊培養条件の提供と、ラージスケール振とう培養環境との優れた同等性

ダウンロード
Download Application Note

関連する論文発表

関連製品

web-Cytena_c_sight_front_final_freigestellt

C.SIGHT™

96ウェルプレートと384ウェルプレートでシングルセルを単離します。10倍の拡大率で明視野ノズル撮像。細胞株の開発とシングルセルゲノム。

web-Cytena_f_sight_front_final_freigestellt

F.SIGHT™

ウェルプレートで緑色蛍光真核細胞を単離します。明視野撮像および蛍光撮像。低強度のサンプルでも使用できるように完全に調整可能。

CASY-menu

CASY

包括的な細胞ステータスモニタリング。

IO 1000

Solarisバイオリアクター

研究開発と製品開発用途向けの柔軟でスケーラブルなプラットフォーム。

詳細はウェビナーに参加してください